So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

深場の食わせに挑戦です 〜ショウサイフグ [フグ話]

大変です、と、富士丸からのメールの書き出しに書いてあり、何かと思えばフグが深場で釣れ始めたと言う。
そうか、深場で釣れると大変なのか!・・・なんでだ?
何となく気になり諸先輩方のブログなどを拝見すると、何だか秋フグに続いてのスペシャルイベントの様ではないか。
兎に角、胴突きの仕掛けで型の良いのがどかすか釣れるらしい。
これは試してみないといけませんね。という訳で、行って来ました鶴見富士丸、会員割引に釣り釣られ、集まる釣り人14名。それにこたえる釣宿も、フグ船2艘の大盤振る舞い。果たしてどんな結果となるのやら。べべべべべん。

P1050234.jpg
まいどお馴染みのフグ船上出船前風景

 前日は何時終わるとも知れない仕事が続きそうなムードがムンムン漂っていたので、適当な事言って続きは後日にしてしまい、なんとか12時半頃帰宅、どどっと準備してスパット就寝。普段ならもんもんとしてなかなか寝付けなかったりするのだが、疲れていたからかあっという間に熟睡。4時過ぎに起床しささっと出かける。道すがらどこに席を取ろうか考え、きっと北寄りの風だろうから右側が暖かそうだなあ、ずっと下げ潮で北向きだからやっぱ後ろ寄りが良いのかなーなんつって宿に着いたのが6時頃。案の定両艫は既に埋まっており、右側ぽつぽつ左がらがらという状態。左舷の舳がまだ空いており、暫し葛藤。今日は深場の胴突きなのでカットウはしないはずなのだが、やはり四隅の誘惑には勝てず左舷の舳に釣り座を決める。寒くっても我慢なのだ。

1号船は多少席替えがあったのか右側に3名左側に5名、2号船は6名の釣り人を乗せ、定刻よりも5分程ほど早く出船。船は走ります。海上は良い凪。さほど揺れずに大貫沖へ。
普段より岸が遠い深場のポイント。早く始めた船がこじんまりと寄り添っていますねえ。

P1050237.jpg

P1050238.jpg


千葉側、湾奥、神奈川と、みんなここに集まってす。

深場のフグは勿論初めてなので、前日に仕事の手を休めては情報収集。あてにするのは勿論師匠Kのブログ。すると、タイミングよく深場についての記事が書いてあるじゃありませんか。いやはや、さすがであります。
さらっと読み進めて、何となくイメトレはしたものの果たしてどうなりますやら、8時半、いよいよ開始の合図です。

P1050240.jpg
海は凪まくり

ほぼ無風。海も穏やか。しかし海の中は・・・。

25号の錘を着けた胴突き仕掛け。捨て糸は50センチ、枝間40センチの3本鈎。師匠Kのブログを参考に自作した仕掛け。捨て糸は50センチから100センチと謎の開きがあったが、この仕掛けならば下針を外してしまえば簡易的に捨て糸が90センチになる仕掛け。状況を見て変更出来ると思いこの仕様にしてみたがどうなのかしら。

合図とともにそれっと仕掛けを落とすと水深は30メートル前後。海面の穏やかさとは裏腹に結構潮が早く、後ろに流されてしまい、早速お隣とおまつり。何と言う幸先の悪さ。第1投目がこれでは思いやられる。
気を取り直しての2発目。今度は旨い事落ちたが、やはり潮は早い。
糸ふけを取って、穂先が曲がらない様にぎりぎりに糸を張りゼロテンションで待つ。数秒して聞き上げた瞬間、くくくくっとアタリ。カワハギ風に竿を立てつつ巻き上げて来ると2番目の鈎に20センチのショウサイフグ。「型出ましたよ〜、ひとつ、ふた〜つ」と船長もアナウンス。
良くわからないうちに釣れちゃったけど、これはとっても良いんじゃないのと、先のおまつりの事など忘れ鼻息荒く第3投。このままばりばりっと釣れ続くのか? これから噂の深場のフグの爆釣が来るのか?

バケツを見ると深い所から上がったせいか、早々に魚がひっくり返っていたので、水っぽくなっては大変と、さっさとクーラーへ。
むひひっと、口元をゆるめて同じ様にゼロテンションで待つ。数秒後、すうっと聞き上げ、ゆっくり錘を落とし再びゼロテンションで待つ。
数秒後、すうっと聞き上げ、ゆっくり錘を落とし再びゼロテンションで待つ。
数秒後、すうっと聞き上げ、ゆっくり錘を落とし再びゼロテンションで待つ。
数秒後、すうっと聞き上げ、ゆっくり錘を落とし再びゼロテンションで待つ。
数秒後、すうっと聞き上げ、ゆっくり錘を落とし再びゼロテンションで待つ。

うわー。やっぱりそうなんですか。なんだかぐっと寒さが身にしみて来た11時頃、何だかぱっとしないので浅い方に行ってみます。カットーの準備して下さいと船長。

きっと良い事になるさと前向きにセットチェンジ。気分転換に仕事中の師匠に失礼招致で現状報告。するといくつかヒントを書いた返信が。誘いやアタリの取り方を通信講座さながらに教えていただいてしまったりして。師匠、有り難うございました。

因に今日の竿は浅草釣り具のオリジナルフグ竿の改造してない浅場穂先でやっていたので、ここで改造バージョンの穂先に変えてリスタートなワケです。食わせ仕掛けも付けてねと船長は言っていたがここはカットウオンリーで行ってみる事に。

スタートの合図で白い10号錘のカットウを投入。やはり潮が早く後ろにかっとんで行く。これはちょっと難しいなあと思ったらすぐに移動の合図。

少し移動して再び始めるも状況は変わらず、何ヶ所か移動して最後は岸の近いポイントに到着。ここは潮もゆるく、仕掛けも立つので8号に錘を下げて色も蛍光イエローに変更。暫く誘っていると漸く魚がよって来た模様。餌が取られ始めたので、気合いを入れ直し穂先に集中。
「型出ましたよ〜、ショウサイとトラフグがひとつずつ〜」と船長のアナウンス。
トラが出たとは羨ましい。こちらはアタリは出るが餌だけ取られてしまういつものヘタクソモードに突入中。気持ちは焦るが船長の言葉に煽られてなる物か、ここは平常心が大事だとセオリー通りに誘いを続けると、漸くワタシにもヒット。
やっぱりカットウは面白いね〜、なんて言ってる余裕は無く、久々の獲物に嬉し泣きしながらリールを巻く。

P1050241.jpg
久々の24センチ。心にしみる重さでした。

実に時刻は12時丁度。何とも3時間半ぶりの型でありますよ。
アタリも出て来たし今日はカットウだったんじゃないの? もー始めからこっちにしとけば良かったのに、とかぶつぶつ言っている間にも餌が取られ続けるのみで型は見ず。して12時半頃「こっちもぱっとしないんで深場に戻りまーす」だって。

再び船団に混じって胴突き開始。今度は竿変えるのも面倒だったのでそのままカットウ用の穂先のまま。ちょっと竿が可哀想だったけど、巻き上げで気をつければ折れる事も無いでしょうと25号をぶら下げる。午前中よりは潮も緩んで来たようだがウネリが入って来て仕掛けは安定してくれず、少し風も吹いて来た。
この風、夕方から変わると思ったが早くも南寄りに。暖かくて助かったが船は随分揺れている。でもこれで舳が潮上になったのかしら?

13時になろうかと言う頃、ゼロテンションの穂先に非常に小さな、でも風や波のせいではない振れを感じ、すいっと竿を立ててみるとカカカっとアタリ。巻き上げると程よい引きをしながら良型が顔を出す。因に鈎は2番目。

何だか今の1尾で感じがつかめた気がして、同じ様に少し揺らす様に誘ってゼロテンションで待つと再び同様の小さなアタリ。今度は更に重いと思ったら1番上と2番目に一苛で上がって来ましてビックリ。

P1050242.jpg
漸くバケツに魚が泳ぎ始める午後の2時


「さー、魚が喰い始めたよー」と船長も嬉しそうにアナウンス。確かに食いが立って来た。
外道の食いも活発になって来て、1番下の鈎にやたらとトラギスと小さいカサゴがかかる。ここまでフグが1番下に来たのは1度だけだったし、根もキツい感じだったので、思い切って下鈎をはずす。なるほど捨て糸50センチから100センチの意味が分かった気がする。

P1050245.jpg
この食いが朝から続いていたなら、なんて事は考えませんよ。たぶん。
上から2匹目がズッシリと引いた30センチ。抜き上げをためらう重たさでした


2時半を回る頃なんとかツ抜けし、その後本日1番の引きででっぷり太った30センチ、続けて20センチを1尾とペースが上がった残り15分、あと2尾は行けるかと思った矢先、頭に冷たい感触が伝わる。

ん?っと見上げた空にはカモメ。まさか頭に落とし物? なんとなんと、こんな時に? 
釣りを続けるか頭を拭くか、釣るか拭くか、フグかフンか。

さんざん悩んで頭を拭こうとバックからタオル出した所でタイムアップ、とほほ。

道具を片しながら、右舷の旦那に頭が汚れてないか見てもらったら、別に何も付いてないよって。波が跳ねただけかいな。

釣果12尾。最後の2時間が今日の全てでありましたが、かろうじて深場の食わせの面白さを味わえて、それなりに楽しい1日でありました。

40点で二級いただきました。
syousyo.png

syoubu74827078.png




釣行データ

2010年2月5日金曜日
小潮 満潮8:18 干潮15:13(芝浦標準)
[風] 北西→南西 2〜4m
[潮] 澄み
[宿] 鶴見 富士丸 7:30出船
[ポイント] 大貫沖
[タックル]
竿:浅草釣り具フグ竿・改
リール:シマノ・スコーピオン1501
道糸:PE0.8号 先糸:フロロ4号50センチ
[仕掛け]
胴突き:捨て糸50センチ 枝間4号40センチ3本針 錘25号 ハリス3号7センチ 鈎丸海津13号
カットー:錘8〜10号
[釣果] 23cm~30cm、12尾(船中釣果 3〜12)



ブログランキングに参加しています。
よくやった! なるほど。このバカやろう!!
などと思っていただけたらクリックをお願いしますです。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村






 


nice!(1)  コメント(16) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 16

りんりんパパ

菖蒲さん、

行かれてたんですか。
朝りんりんと富士丸の前通ったんですよ(笑)
爆釣とまではいかないもののツ抜けできてるし型が良さそうだしOKなのでは?

by りんりんパパ (2010-02-06 21:37) 

菖蒲

りんりんさんどうも。
なんと、そのまま船に乗れば一緒に苦しめたのに。
後半はぽかぽかだったし、釣れた魚は良い型だったし、確かに結果は良かったかな?
午後船があったら素敵な一日だったかもね。
by 菖蒲 (2010-02-06 21:54) 

うぞっ

こんばんは 菖蒲さん
同じ日に同じ宿、でも違う船でしたね~
2号船では、浅場で暇だったので、全員の方とお話できたんですが、残念です。
同じ日の釣行で、ポイントも近いのにかなり印象が違うので、やっぱり誘い方がちがうんですねっ 2号船は浅場からっきしでしたよ
かなり勉強になりました。もっと修行しますwww



by うぞっ (2010-02-06 21:57) 

菖蒲

うぞっさんどうも。
1号船も浅場はホントに釣れたのは一瞬だったですよ。ワタシも1尾だけだったし。ただ餌は無くなりまして、カットーの途中で餌のおかわりをしました。
.jpで証書を貰いました。40点しかとって無いのに二級貰いました。前の日に日付間違えたのがなにか原因かしら。過去履歴は消せないのかしら^^;
by 菖蒲 (2010-02-06 22:28) 

うぞっ

どうも うぞっです
成績証、3級、2級は認定基準書いてませんが合ってますよ。いまいちの時でもなんか級を付けたほうがいいかな~と追加したんです。でも私はフグは無級でした^^ ただ、過去履歴は消せません。過去の汚点を消させないように私が意地悪してるんですwww
でも入力間違いみたいなんで修正しておきました。
同じ日にHIROさんが3段に昇段しました。作った私が足踏みしてるのに!!ま~釣果優先段位なんで、HIROさんがとらなきゃおかしいんですけどね。
by うぞっ (2010-02-06 22:56) 

KOBI

前々日まで爆釣果だったのに、前日からの急落は私も予想できませんでした。
しかし、後半に幾らか持ち直したようで、良かったですね。おまけに、宿一の釣果は見事です!・・・・なーんか、私とご一緒しないと、良い釣果ですねぇ~(笑)・・・・次に、ご一緒する時は、遠慮しないで釣って下さいね!(笑)

ほんの一時の湾フグの深場の釣りですが、それを体験されただけでも、価値がある釣行だったように思います。釣果の良し悪しは時の運ですよ。
私は、明日、マッチョシゲさんと行ってきます。生憎の強風予報で、出船の可否も怪しいのですが、船が出れば、深場の釣りを楽しみたいと思っています。
by KOBI (2010-02-06 23:07) 

HIRO

>釣りを続けるか頭を拭くか、釣るか拭くか、フグかフンか。

笑わせないでください(笑)そこは悩まず頭優先でお願いします^^;
期待の割には残念でしたが型良く竿頭もげっとんおめでとうございます!
今回は最後の2時間ってことは前回と違い活きの良いまま捌かれて美味かったんじゃないでしょうか♪
by HIRO (2010-02-06 23:50) 

菖蒲さんへ

苦戦ながらも、“ツ抜け”の釣果、お見事です!
私は強風予報でビビッちゃったんですが、さすがお若いですね(^^)
深場のあの爆釣は、もうあれで終わりなんでしょうか(^^;;)
あんな爆釣は期待薄ですが、やってみます!(^^)
by 菖蒲さんへ (2010-02-06 23:56) 

菖蒲

うぞっさん。
履歴修正有り難うございます。段がとれる様に頑張ります(笑)
by 菖蒲 (2010-02-07 00:33) 

菖蒲

KOBIさん。通信講座のおかげでなんとかなりました。でも、マッチョシゲさん同様、次回からは同船するときは離れて座る様にします。絶対師匠にワタシの分を取られてしまいますので。(笑)

明日、天気が良いと良いですね、頑張って下さい。
by 菖蒲 (2010-02-07 00:37) 

菖蒲

HIROさん。残り10分、魚が釣れている時の珍事。マジで困りました。
魚は確かに旨い気がしました。やはり釣れたら即刻クーラーへ入れるのは基本のようですね。
でも、バケツで泳ぐフグを見ているのは何だか癒されるんですよねえ。
by 菖蒲 (2010-02-07 00:40) 

菖蒲

fu-goo-logさん、こんばんは。
ツ抜けはギリギリでした。最後の事件が無ければもう少し・・・いや、よしましょう。(笑) 今回の釣りはそれなりに満足でした。
今日は風が強かったですねえ、寒かったし。明日はいい結果が出ます様に祈っておりますですよ。
by 菖蒲 (2010-02-07 00:45) 

たー坊

菖蒲さん
竿頭、つつぬけ、おめでとうございます。
実は、私も富士丸さんのメールに食いつきそうに
なった一人です。
どうしても、抜けれない仕事があったので断念しましたが。。。
>釣りを続けるか頭を拭くか、釣るか拭くか、フグかフンか。
爆笑。。。。おもいっきりわらっちゃいました。
by たー坊 (2010-02-07 08:49) 

菖蒲

たー坊さん、有り難うございます。
それにしても、ワタシが平日に釣りに行った話しが筒抜けだったとは!
あ、失礼(笑)
メールを見てワタシも、これは安いと出かけました。金曜日は元々休みでしたが、前日に仕事があると終わる時間が読めず、普段のパターンならあきらめて一日ゴロゴロしていたはずですが、今回は強行しました(笑)
頭に何か違和感を感じたときは本当に悩みましたよ(笑)
今思えば、小さい事は気にせずワカチコ釣っていれば良かったかなあなんて、ちょっと思ってみたりして。
by 菖蒲 (2010-02-07 11:10) 

すずきん

菖蒲さん>
渋い中、竿頭ですか?さすがですね、おめでとうございます。
普通なら、サイズも良いし冬の釣果としてはOKなんでしょうが、期待大きい分ちょっぴり・・・なんでしょうか?
私も、富士丸メールに釣られそうになった一人でした。週末行こうかとも思ったのですが、仕事の都合で行けませんでした。
行って撃沈は後悔しなくても、行きたくて行けない時は、もんもんです^^;

by すずきん (2010-02-07 13:51) 

菖蒲

すずきんさん、こんにちは。
富士丸メールは毒ですね、アレは怖いです(笑)
竿頭とはいえ、たまたまですし、次頭11、続いて10とドングリでした。
サイズが良いので量はバッチリですが、空白の時間は辛かったです。
by 菖蒲 (2010-02-07 16:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。