So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ふぐ、ふぐ、ふぐ。 [フグ話]

釣れてると聞き、勇んで出かければ食い渋る。そんな悲しい釣行が続いた秋のフグ釣り。もしやワタシは爆釣ストッパーなのかと思い始めた今日この頃。時化後の一発も大外し。しかし懲りずに乗り込むは、横浜鶴見の宿、富士丸。艀で渡るフグ船に、今度こそはと竿にぎる。果たして今回はどうなりますやら〜。べべん。
 
DVC00035.jpg
薄曇りの鶴見の空。黒猫よ幸運を運んでおくれ。

 なんの確証も無いけれど、フグって時化直後はあまり良くない気がしまして、今週は頭の方で少し風が吹いて、やっぱりその直後はいささか喰いが落ちた模様。ではこの週末は狙い目なんではないのか? ってなわけで、鶴見の富士丸に行ってみたですよ。釣れてる〜って時に出かけてみて駄目でした、っていうよりも、喰い落ちてる時に行って釣れなければ・・・ねえ?
 とか、ネガティブな事を考えていると本当に駄目になりそうなので止めときましょう。何たって、今日はいけるでしょうと期待を込めて、餌だって赤エビ仕込んで来たし、仕掛けも多めに結んであるしで実は結構釣れると見込んでいたりします。

DVC00036.jpg
左、エビを剥く人。右、アサリを剥く人。

 支給された甘エビの殻を剥いて、3分の1位を喰わせように刻んで準備しているうちに出船。小1時間で今日も大貫沖へ。

DVC00034.jpg
富士丸支給は甘エビ。ザルにどっさり。追加は500円也。

 すでに数隻の船が始めている模様で水色の船や白い船が見えますが、本船はそれらを通り越して更に南下。大分先まで行って漸くの投入合図。

 さー、どーなのよっと仕掛けを投入。状況を見るために喰わせの胴突き2本針仕掛けを付けて錘10号で始めてみます。潮も緩やかに流れていて、少し風は強いものの釣り辛い程ではない感じ。因に今日は浅草釣り具のフグ竿(改)以外に、フグ用に改造したアナゴ竿(紛らわしいな)その名も”獺祭”をデビュー(ひと月前の記事の物とは別の方)させようと2本スタンバイ。先ずは実績のある浅草(改)から。餌は赤エビをぶら下げて、喰わせに甘エビ。

 仕掛けの着底とともにびびびっとアタリが来るかと思ったけど、やっぱり今日も静かなスタートなんだわ。ワタシはエンジンが温まり憎い方なのでもう焦りません。とか思っていますと、何やら普段とは違う雰囲気。何か魚がいる感触が海の底から伝わってくるんですよねえ。セオリー通りに誘いを入れていると、底で止めている時に何かが餌を見つめている様な。こんな事を感じちゃうなんて、これは海の中が相当食い気が充満しているのではないのかいな、とか思っていたら、開始10分程でアタリ。うおお、開始30分以内にアタリが出るなんて滅多に無い、今日は何かが違う、何かが違うぞっとにわかに興奮しつつも、旨い事フッキング。幸先いいぞってな感じで、来ました本日第1号! と思ったらあがって来たのはカワハギ。18センチ、キモペッタンコ。う〜む。眉間にしわを寄せつつもバケツにキープ。

 気を取り直しての第2投目。やはり似たような感触でカワハギがあがる。これは小さかったので即リリース。なんでしょおねえ、今日は皮剥釣りだっけ。いやはや、良い具合にアタリが出るがカワハギが続く。そんな中、ちょっとした違和感に合わせを入れると、ぐっと重みが竿に乗って来ましたよ、はい、イイダコでしたー。
 どうなっておるのか、外道連発。おまけに巨大ヒトデが出た所で深呼吸。バケツのカワハギを眺めて何となく癒された所で釣り再開。

 さあ、そろそろフグが釣れても良いんでないかと誘いを入れます。スイッと竿をたてて、ゆ〜っくり錘を底へ。底に付いたら3〜5秒待ってまた竿をスイッと立てる。2、3回そうして、そおっと仕掛けを落として行く途中に穂先にピクピクっと小さなアタリが。これは来たでしょうっと、錘が底に付いた所でサッと合わせるとガツンとフッキング。
 よしよし、いい感じ〜って思ったら、上がって来たのはピンポン球。膨らんで上がって来るから結構重く感じたけど、10センチちょっとじゃ持って帰れません。大きいの連れていらっしゃいと言ってリリースしたら、次の誘いでドシリとヒット。小物を逃がすと良型が掛かると言う、フグ釣りには有難い言い伝えがあるのかどうかは知りませんが、この重さは良いんでないのと、上がって来たのはピンポン玉と20センチのダブル。本当に大きいのを連れて来た。
 ピンポン球をリリースして、さて喰いが上がって来たぞと、続く一手を送り出そうとしたらば「移動しまーす」だって。

DVC00037.jpg
カワハギが泳いでいる姿に癒されます

 時計を見るとまだ9時前。普段だったら、ここまでの出来事で2時間は過ぎているのがワタシの釣り。何だか今日は時間がゆっくり流れるなあ。

 船はぐっと北上して、ノリ棚の中へとゆっくり進んで行きます。満席の浦安からの船を横目にずんずん岸寄りへ移動。因にこちらは右舷4名、左舷2名。ワタシは左舷の舳です。10分程して船が落ち着き投入合図。ここから妙にアタリが増えだします。仕掛けを下ろせば数回の誘いで必ずアタリが出て来る様な状況で、これは楽しいと思わず鼻息が荒くなります。エビ餌ひとつでフグ2尾くらいのペースでぽつぽつと上がって来る。いやー今日来て正解。オホホだわ。それでも、チビフグも多くてそのままリリースする事も。でも今日は今までよりも型がよく19センチくらいがアベレージ。家の冷蔵庫にもまだ味噌漬けが残っているので、ここ数回のフグ釣りの様に仕方なしに16センチクラスを持ち帰る必要も無く、18センチ以下は余裕でリリースできる大人な釣り。この時点で、たまにしか喰わせに掛かってくる事が無いので、カットウオンリーにして錘も7号に変更。まわりでは鯵やイナダが掛かってちょっと面白そうだったけど、思い切って喰わせ仕掛けは外しちゃう。

 10時を迎えた頃でキープが10尾を超え、リリースはそれ以上な感じで、気分的にも余裕が出て来たので、もう1本の竿を試してみる事に。アルファタックルの大江戸アナゴ120Hという竿の穂先を削り直してグニャグニャにしちゃった改造竿。柄の部分も少し長く継ぎ足してホールドをよくした竿ですが、何しろ120センチと短いので、浅草の180センチの竿のつもりで扱うと、誘い上げる時に必要以上に上がってしまったり、軽い物だから兎に角操作が大きくなってしまうので、かなり慣れが必要だろうと予測して使ってみたら、やはりその通りで操作が難しい。
 ところがこの竿、凄まじくアタリがよく出る。今日の状況だからと言う事を踏まえてみても、浅草(改)よりもアタリが見やすい。でも合わせがきかない。ナンデデショ?

 アタリは常に出て来る状況なのに兎に角空振り。何となく力が入りすぎて大合わせになって、カットウが跳ね過ぎて魚を避けてしまうのかと思って錘を10号に変えて、誘いも合わせも小さくする事を意識してみると、これが功をなしたか本日一番のズッシリヒット。短竿だからなおさら重い。
 そんなとき後ろからサバだ〜の声。まさかこっちも? と思ったらぐいっと横走り。ええ〜。半ばあきらめ気味で巻き上げてみれば立派なショウサイフグ。

DVC00041.jpg
サバ並みの横走りで上がって来ました

 久々に背中に熱い物が走った会心の1尾。自分で改造した竿が漸く物になった記念の1尾。うれしー。

DVC00042.jpg
メジャーの角度が悪くて良くわかりませんが29センチです

 時計は10時42分。空はすっかり晴れていい天気。

DVC00044.jpg


 朝は随分涼しく感じたので、フリースを着込んでバイクに乗って出かけて来まして、熱くなったら脱げば良いと思ってましたけど、海上は日が高くなっても涼しくて、結局ずっとフリース来てました。だんだん秋も終わりに近づいて来ますねえ。

 短竿にも大分慣れた来たので、錘を7号にもどして再び挑戦。始めのうちはやはり操作が大きくなって掛が悪かった物の、それにも慣れて来て漸く続けて掛けられるようになって来ました。短竿は難しいけど使える様になって来ると面白いですねえ。軽いリールが欲しくなってしまいます。

 11時30分を過ぎて少し喰いが収まって来た様なので、昼飯に。今日は昼飯も竿をおいてゆっくり食べられます。余裕のゆうちゃん。

 食後は浅草(改)にもどして釣り始めまして、やはり、アタリの察知はほんの少し鈍くなる様ですが、アタリがでれば掛けられる率は上がります。

 12時15分、誘い下げの途中でビビビっと出たアタリを我慢して底まで連れて行き、錘の着底を感じた所で即合わせを入れると、これまたどっしりとした手応え。なんとアカメが上がって来ました。皆さんのブログで時折目にする噂のフグが遂にワタシにも釣れましたですよ。

DVC00045.jpg
本名はヒガンフグと申します

 雑誌でもお馴染みのぼうずコンニャクさんのサイトにも、知る人ぞ知る最も旨いフグと書かれているアカメ(ヒガンフグ)。どっしりでっぷりの27センチ。いやー、早く食べたい。
 前回は、小さかったけどトラフグが釣れたし。何だかちょっと調子いいなあ。くじでも買ってみようかなあ、なんつって。

 アカメが出たのを合図に、本日一番のラッシュが始まりまして、怒濤の入れ食いモードに。今日は初物ずくしで来てますが、トドメは人生初の入れ食いでありますよ!
 仕掛けを落として誘い上げようとするともう掛かっていたり、着底1秒で餌を取られたり。もー忙しい。しかも7割がたが餌針に食いついて来るがっつき様。凄かったですよ。針を外すのに手間取るので、返しも潰してしまいました。
 1時頃には餌が無くなり、甘エビのおかわり。殻なんて剥かなくても釣れそうだったけど、休憩かねての甘エビ剥き。
 再開後は手返し重視で剥き甘エビの1尾掛けでフグと勝負。兎に角餌だけ取られたり、ばしばし連続したり。のこりの餌が3つになった時、最後の勝負と仕掛けを落として2勝1敗。

 ラスト10分のアナウンスが船長から告げられると同時に餌が無くなったのでそのまま撤収。

DVC00048.jpg
ワタシのクーラーが初めて満タンになりました。

 実に疲れた1日でしたが、もう十分って感じ。満足満足のバケツの中は18センチ以上のフグが53尾。25センチ以上の良い型も6尾混じりました。これで味噌漬けは年内問題ないわね。
 
釣行データ

2009年10月23日金曜日【中潮 満潮8:16 干潮13:24】
風:北東風7メートル

宿:鶴見 富士丸 7:30出船
ポイント:大貫沖

仕掛け
カットー 錘7~10号

竿
浅草釣具店オリジナルふぐ竿・改
アルファタックル大江戸アナゴ120H・改

リール
アブ・アンバサダー4601c R.Gunnar
道糸PE0.8号 先糸フロロ4号50センチ

船中釣果 15-60



にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村




nice!(2)  コメント(20) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 20

マイティー

明らかに出来すぎ、釣れ過ぎだ、これでは一切突っ込み様がありません。お見事です。運を分けてほしい。
by マイティー (2009-10-24 23:10) 

fu-goo-log

菖蒲さんへ
やっとの思いでしょうか!秋のフグ爆釣!おめでとうございます。よかったですね~(^0^)。
エビの殻剥いてる時間が勿体無かったでしょうねぇ~(苦笑)

菖蒲家の食卓、いろんなフグ料理が当分続くことでしょう(新機軸のレシピも含めて)。ブログも期待ですよ。
当方は、明日の日曜昼頃まで雨の予報でガッカリです(苦笑)。
by fu-goo-log (2009-10-24 23:26) 

うぞっ

すばらしいぃぃいい
53匹って釣り過ぎです。船宿も捌くの大変だわwww
入れ食い最高ですよね~私は初めてでそれを体験したので、次怖くて行けません。玉砕がちらついて・・・
にしてもアカメも釣れて食べるの楽しくてしょうがないんじゃないですか?にしてもダメですよ~爆釣中に餌なんてむいてちゃ~。殻ついてても釣れるんですから!!
by うぞっ (2009-10-25 00:20) 

菖蒲

マイティーさん

 ホント、できすぎですね。運、今ならお分けしますよ。(笑)
by 菖蒲 (2009-10-25 00:31) 

ケンケン

あれ?10月23日木曜日??
金曜だとしたら近い海域にいましたよ。
フグ、釣るならやっぱ今ですかね~。夏フグ釣ってる場合じゃなかったか^^;
by ケンケン (2009-10-25 00:35) 

菖蒲

fu-goo-logさん

 ウレシイ悲鳴って、ホントにあるんですねえ。エビの殻剥きはポジティブな現実逃避です。
 天気、思ったよりも早く崩れましたねえ、今日なんて凄く肌寒かったっすもんね。
 レシピは期待しないで下さい。もう8割がたが味噌漬けになりました。(笑)
by 菖蒲 (2009-10-25 00:36) 

菖蒲

うぞっさん

 入れ食い最高でした。でも、午後からで良かった。朝から始まってたら飽きるかも。なんちって。

by 菖蒲 (2009-10-25 00:42) 

菖蒲

ケンケンさん
 
 失礼、金曜の間違いでした。修正しました。フグは今時期も面白いですね〜、初夏の白子と秋の数釣りって感じでしょうか。
 ケンケンさんはどこの海にいたのかしら?あとで覗きにいきますねー。
by 菖蒲 (2009-10-25 00:46) 

すずきん

やりましたねぇ、爆釣おめでとうございます。
この時期は、食わせ針が有効なんですね?
アカメとショウサイの”味比べ”を楽しみにしていま~す。

by すずきん (2009-10-25 09:30) 

菖蒲

すずきんさん

 エビをぶら下げる餌針(テンヤ針の小)に、がんがん食いついて来たので、喰わせ針をそのまま付けていたらもっと釣れたかもしれませんが、外していたのでわかりませんです。
 アカメは一晩寝かしでまだチョーコリコリ。今夜はどうなっているかしら。

by 菖蒲 (2009-10-25 10:04) 

すずきん

あっ、食わせ針でなく餌針って書いてありましたね、失礼しました。
by すずきん (2009-10-25 12:34) 

菖蒲

すずきんさん> お気になさらず〜。^^
by 菖蒲 (2009-10-25 13:42) 

たー坊

菖蒲さん こんばんは。
爆釣おめでとうございます。
アカメまでゲットとは羨ましい限りです。
ショウサイとアカメの食べ比べ、是非レポートして下さいね。
by たー坊 (2009-10-25 17:19) 

菖蒲

たー坊さん>
 ありがとうございます。ラッキーな一日でした。乗船者殆どクーラー満タンなつれっぷりでした。この運がいつまでも続くといいんですけどね~。次は暫く無いでしょう。
by 菖蒲 (2009-10-25 19:03) 

りんりんパパ

菖蒲さん、

入れ食いは楽しそうですね。
鍋にも良い季節になったしアカメのコリコリした食感味わいたいっす。
次回満タンなときは取りに行くので声掛けてください^^


by りんりんパパ (2009-10-25 21:28) 

KOBI

通っていると、こんなイイこともありますね。

キープも申告釣果も18cm以上とのことですから、16cmからのサイズも含めれば、釣果はもっと「上」ってことですね。

お見事です!
by KOBI (2009-10-25 21:57) 

菖蒲

りんりんさん>
 鶴見だったので、連絡しようかとも思いましたが、平日だったので留守だと思い、今回は船長にもらってもらいました。
 アカメのコリコリ。うまいっすね~。
by 菖蒲 (2009-10-25 22:15) 

菖蒲

KOBIさん>
 ありがとうございます。やっとめぐり合えたいい日でした。釣った数を全部入れたらひょっとしたら70は越したかもしれません。足元にはバケツが3個になってましたよ。
 これでひとまず秋フグも一息つけます。ひとつターゲットを絞って通ったのは久々でした。でも面白いので飽きませんね。
by 菖蒲 (2009-10-25 22:23) 

みの

やっと味わえましたね、怒涛のフグ釣り!(笑
おめでとうございます!
リリース含めずに50越えとは、
僕がいうのもなんですが、
菖蒲さんはもう一人前のフグ釣り師ですね!
弟子入りさせてください。(笑
by みの (2009-10-25 23:17) 

菖蒲

みのさん>
 どうもです。でもね、この日がアタリ日だったという事ですよ。乗船していた皆さんクーラー満タンでしたもん。
 ラッキーだったんです。

by 菖蒲 (2009-10-26 01:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。