So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

夜釣り舟 どこに行ったか 初穴子 [アナゴ話]

 先週の土曜日、ついに今年の穴子の夜釣りが始まった。

DVC00037.jpg

 何度か通ってはいるが、覚えの悪い我が腕はなかなか上達せず、つ抜けどころかまだまだ5本が目標釣果。今年こそは釣るぞと、初日に出かけてみたのであるが、結果はさんざん、漸くの2本であった。

 17時30分出港に向け1時間前に葛西橋「第二泉水」で受付をすますとワタシで8人目。順番に席を取り、右舷みよしの2番目に入る。
 お隣はいかにもベテラン風な落ち着きを漂わせている二刀流。しかも生かして持って帰るのかブク付きのバケツを持参している。居酒屋経営者か、はたまた穴子飼育に燃える異端の海水魚愛好家か。居酒屋経営者であったなら、是非とも店を教えてもらいたいものであるが、どう質問を切り出そうかと考えているうちに舫は解かれ、船は10人ほどを乗せて木更津方面へと動き出すのであった。
 小1時間走った船がポイントに着くと、数隻の船が昼からのリレー船であろうか既に始めている。薄暗くなって来た海上に灯りを灯した船が浮かび上がる様は何とも味のある景色であるなあ。実際はカピカピに乾涸びたイソメなんかがこびり付いていたりしても、夜というヤツは実に都合よく良い所以外を隠してくれる。これ人間も然り。
 さて、記念すべき第一投、20号の釣り鐘錘にうなぎばり11号。赤い集魚灯がふたつ、すうっと沈んで行く。
 着底した錘を踊らせる様に、両手に持った竿を小刻みに振る。交互にこつこつと錘が底を打つのを感じながらアタリを待つ。
 待つ。
 待つ。
 こつこつまつ。
 待てど暮らせどアタリは来ず。
 なんとまあ、続に言う喰い渋りってやつである。隣の旦那も30分程で1本出したきり後が続かずぼやいている。ワタシは1時間過ぎても未だ坊主。
 羽田の「かみや」の事前調査ではそこそこ良いかもとの情報が流れていたので少々残念な状況になってしまった。しかも、潮の流れも何だか妙な具合で、少し投げるとみよしに流され、手元にもどすと船下に入ったり、前に出たり。船長によると水温も下がってしまったようである。
 それでもがんばって小突くと漸く「かかかっ」とアタリ。おー、やったー。お久しぶりねと大合わせを入れるがすっぽ抜け。ぐー、食いつきも浅いと来たもんだ。して、頭によぎる坊主の2文字。
 坊主は嫌だと泣きながら餌の確認に巻き上げると、縫い指したイソメが半分ほどビローンとほどけちぎれて帰って来た。餌を付け直していると、置いてあった竿に当たり。やっと取れた今年の初物は残念ながら置竿に来てしまった。
 それでも35センチ強の旨そうな穴子に文句はなく、漸く時合かと意気込んで小突き出すが、やはりアタリは遠い。たまにアタリがあっても針がかりせず、ちょっとためてから合わせれば良さそうなものを、気が立っている我が腕はどうしても即大合わせをしてしまう。漸く手があったか30センチ級の2本目を上げたが、針を外そうとしたらバケツにぽちゃん。くわえていただけだった様で、危ない所だった。その後も2度ほどアタリがあったが取る事はできず9時過ぎに終了。
 船長に、昼間釣ったキスを持って行ってとお土産を渡され、嬉しい様な悔しい様な、ホントは嬉しいんですけど、何とも不完全燃焼極まりない初戦。隣の旦那は10本釣ったそうで、いやはや、ワタシ、修行が足りないと実感した訳ですよ。
 翌日、宿のホームページを見ると結果は0−10。各船宿の状況を眺めても、皆さん苦戦のご様子で、それぞれに坊主だった人もいた模様。
 悪い日に当たっちゃったと言う事で開き直って、また次回がんばって参りますとも。でもって白焼きを腹一杯喰ってやるのさ。

あ、あの生かして持って帰った穴子はどうなったんだろう。



ランキングに参加してみたりして。よろしかったら、クリックをお願いしますです。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
タグ:釣り 穴子
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。