So-net無料ブログ作成
検索選択
カワハギ話 ブログトップ

久方ぶりのカワハギ釣り、甘くないね~ -11月8日 カワハギ [カワハギ話]

 いやはや、まだ鼻は詰まっているし頭もさえないのであるが、先の時化後からの見事な釣れっぷりを見ていては折角の休みに寝込んでもいられないという訳で、やっと行ってきました久々の沖釣り
 釣りがひと月ぶりなら、カワハギ釣りはほぼ2年ぶり。それも時化の仕立てで飲んでお終いみたいな釣りであったので、まともに狙うのは4,5年ぶりではないかしら。

P1000716.jpg
羽田のかみやは夏前のマゴチ釣り以来~

続きを読む


舟ゆらす 三浦の風や ハギ四尾 [カワハギ話]

7日土曜日、今期最初で最後になるだろう皮剥釣りに出かけた。
仲間で仕立てた舟に呼んでもらったのだが、何しろ3月、海は中々落ち着いてくれず、午後こそ凪いだが前半はちゃぷちゃぷ波をかぶりながらの釣りだった。
水温も12度と低い。
結局トップで7枚、ワタシは4枚。
まあ、坊主は逃れたし、それなりに楽しめたからよいわね。

ワタシの覚えた皮剥釣りは、錘を底に付けて誘いをかける釣りだが、この日の船長は根の上1メートルで棚を取ってアタリが出るまで待つ様な釣りを勧める。
こんな釣りは実につまらず、根がかりがあろうがアタリが少なかろうが、絶対今までの方法が面白い。

何にせよ駆け引きがなくてはと思うのだが、どうなのだろうか。

獲物は煮付けと、一番大きかったヤツをさばいて一晩おく、肝は凍らせる。

翌日、凍った肝をスライスして、刺身に乗せて一杯。

ああ旨い。
タグ:釣り 皮剥

皮剥釣りで蛸あがる 〜佐島 海楽園 [カワハギ話]

 今年初の皮剥釣りでありまして、まー数年前まではしょっちゅう通っていた釣り物ですが最近はすっかり落ち着いちゃって、前シーズンも一度行ったか行かないか。たまにやると難しいねえ。
 肝も膨らんでそこそこ釣れてるってんで船は満員御礼満席状態。こんな混んでる船は初めて乗ったわ、つうくらい人がいる。遅れて来た数人の客は乗れずに帰ったとか。仲間に席を取ってもらっていたので我々は問題なく乗れた訳だが、週末って本当に混むんだなあ。
 定員一杯ってことで、定刻より早めに出船。船は佐島のすぐ沖へ。ポイントに着いて仕掛けを下ろすが当たらない。二回も仕掛けをいれると即移動。小刻みに船は移動を繰り返し最終的には江ノ島付近まで。ここへ来て漸く型の良い皮剥がポツポツ上がり始めて一安心。
 何度目かの投入で、仕掛けを下ろすなり根がかり。かと思ったら、何かゴミでもかけたかと思う様な重さで少しずつ上がって来たのは蛸。正真正銘真蛸であります。うちで計ると500グラムほど。蛸なんて釣るのも初めてなら生でまじまじと見るのも触るのも初めて。何ともまあ目つきの悪いイキモノであります。しかしながらこれが実にウマいと言うんだから大事にもって帰ります。逃げ出さないようにビニールに入れてクーラへ。
 肝心な皮剥はなんとかツ抜けしたもののリリースサイズも混じり、キープしたのは7枚程。今後に期待の佐島沖でありました。

 蛸は頭をひっくり返して内蔵を取って、塩でもみまくってぬめりを流したら沸騰するお湯に足からそろりと入れて行くと、くるくると丸まりながらゆでだこが出来上がりました。一緒にお茶っぱをひとつまみ入れると色よく仕上がるんだそうです。
 タコブツ、立田揚げでいただきましたが、まーまーまー、ウマい! 身が甘くってぷりっ! こりゃ癖になるわぁ。

にほんブログ村 釣りブログへ
カワハギ話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。