So-net無料ブログ作成

白子探訪記第4話 7月13日-ショウサイフグ [フグ話]

ダイワのロッド、リーディングカワハギをいじくって、フグ用穂先を付ける改造も、ナンダカンダで3本目。
使うたびに調子が気になって作り直し、漸く良さそうな所に行き着いたのは、普通に8:2調子の正調湾フグ調子だったりして。
本日はこの集大成の竿おろしであります。
そんな日なのに、モンモンとした以前からの思いがついに・・・
席札を取りにボードの前へ。南南西の風、1日上げ潮。後ろ寄り、出来れば右側がいいのかなあ、なんて思いながら見てみれば、右後ろから6席分ソールドアウト。
おおおお、この様子では今日は左じゃ釣れそうにないじゃない。と、しょんぼりしても仕方ない、どのみち潮は後ろに行くだろうからと言う事で、ミヨシも空いていたが、不人気の左、トモ2番に席を決めた。

札を取ってのれんをくぐってみれば常連さんが談笑中。この方々が右側でばかすか釣ってしまうんだろうなあ。少しは左側にも分けて下さいねと、心でお願いして受付へ。

で、口から出た言葉が「すみません、フグ竿ください」

折角具合良さそうに竿が出来たのに、いきなりの衝動買い。前からもんもんと気になっていたんですけどね。
と言う訳で今回は改造竿(改造費千円ちょい)と宿の高級竿(3万円)の釣り比べだったりもします。

P1010268.jpg
これが、あれです。

船は今日も大貫沖へ。予想よりも風があるが思ったよりも波は無い。

P1010245.jpg
アレは富士丸かな

まずは宿オリジナル。総重量は凄く軽いと言う訳ではないけど、リールを付けて持った感じはさすがに良いバランス。極々先調子で急テーパー、9:1調子といった感じ。トップから3番目のガイドまでが命な竿。
後から船長に聞いた話では、製造を頼んでいるサクラ釣り具の削りだしの機械でも、削っている時にクラックが入り駄目になる事がある程だとか。繊細なのねー。

ポイントに到着して仕掛けを下ろしてみると、ゆるく左手斜め方向に糸が出て行く。風は南向き。
これは今のうちに釣っちゃえってことだぞと神経集中。オモリも5号でスタート。
間もなく魚の気配。よーし、食え〜、と念力を送ると、お隣トモ3番目の方に船中1号が、あれ、そちらでしたかとトホホモードで餌だけロスト。しかし間もなくワタシにも。新竿での記念すべき1尾目をゲットであります。

当たり前なんだろうけど、専用の竿って気持ちいいなあ。ワタシのなんちゃってフグ竿とは違いますわ。もう今日はこの竿で行っちゃおう。と、へらへらしながら2尾目をゲット。

P1010250.jpg
やはり道具は大事だねぇ

アタリが止まらない。これは凄いぞ、魚もやる気だ、じゃんじゃん釣るぞと勢いを込めた矢先、餌だけ取られるパターンにはまる。
やはり道具では無く、腕なのね、そうなのね。で、隣の常連さんが同じ竿でポンと3尾目を上げる。

10時頃オオドモの常連さんが早くも「飽きた」とか言って右舷へ遊びに行ってしまうと、船長がやって来て釣り始めた。

お、これは見学しておこうとよそ見した瞬間、あろう事かリール巻き過ぎ、いきなりの穂先損傷。7千5百円チャリーン。

あー、うー。ダ、ダメージが大きすぎる。悲しすぎる。これは衝動買いにたいする罰か、改造竿の嫉妬か。泣きながら、リーディング改を組んで再開。

すると、しょうがないねえと竿が言ったか、神のご慈悲か、すぐに3尾目がヒット。お前もやるじゃないかと、我がスペシャルロッドをなでてみる。

おれの8:2調子、良いじゃないか。

P1010251.jpg 喜び、悲しみ、復活の名を持つ3尾の湾フグ

それでもいよいよ食いが落ちてしまい、11時過ぎに船はやや浅い方へ移動。相変わらずアタリのある時に釣れないヤツなんだなあ、ワタシって。

P1010253.jpg 風があるから移動中は飛沫ます

ポイント移動後もあまりぱっとせず、時折アタリが出てもヒイラギだったりシロギスだったり。回りも時折ぽつりぽつり。
潮も速くなって来たので、オモリは8号へ。

バケツの中は変わらないままお昼を迎え、今日は宿の弁当300円也でオナカを満たす。因に今日はシャケ弁当。

13時を回り、潮がだんだん強くなり、気持ち船下に仕掛けが入る様な角度で後ろに流れて行く。速い潮ではないが押しが強い感じ。オモリ8号でもなんとか止まるけど非常にやりづらい。

慰めにオモリを10号に変えて誘う。手前に寄せるように誘い上げて流れた先で待つ、みたいな感じを地味に繰り返しているうちに久々のアタリ。3回目の合わせでなんとかヒット。漸くバケツに4尾が泳ぐ13時30分。

P1010257.jpg
4匹目には希望と名付けたい

小移動があって、同じようにひたすら地味に誘っているとアタリが出る。比較的小さなアタリだが、一応フグがつついていると思われ、次のアタリで合わせるとヒット。ぐんぐんと暴れる引きがたまらない。
そしてこの頃多いらしいヒイラギに苛つき、何度か空振りをしつつも、もう1尾追加。餌ばりに食って来た。

P1010260.jpg
14時過ぎ、漸く6尾に

なんだか、潮の向きはやりにくいものの、誘ってるとちゃんと寄ってくるのが今日のフグの気持ちらしく、アタリは良く出る。掛けられるかは別問題。

P1010258.jpg
真夏の空です

14時15分、最後のポイント移動で少し沖に場所をうつし、外道のヒイラギも徐々にサイズアップをして来た頃(嬉しく無い)、再びアタリが増えて来た(嬉しい)。

アタリが増えて、何となく手もあって来て、久しく味わっていなかった入れがかりが4尾連続した所で餌も無くなる。時間も15時近く、少し延長するようだ。

P1010262.jpg ツ抜けなんてひっさびさ

するとお隣の常連さんが、餌が余っても仕方ないから使って下さいと、餌のお裾分けをして下さった。
お礼をして有り難く拝借。おかげさまでもう1尾を最後に追加してゲームセット。

最後に盛り上がると、とっても良い気分になれますねえ。

初めは左舷は駄目かと思ったものの、意外と魚は回ってくれて結構楽しめたし、おかげさまで竿頭もいただき、竿もバッチリ・・・

と道具を片付けながら朝の出来事を思い出しブルーに。

あー、うー、7千5百円・・・・。チャリーン。

P1010264.jpg
11尾中白子は6腹



■釣行データ
2011年7月13日日曜日
中潮 干潮9:18 満潮16:32(第1海堡)
[風] 南南西 5~6m
[波] ちゃぷちゃぷ[潮色] 濁り気味
[宿] 浦安吉野屋 7:00出船
[ポイント] 大貫沖6~9メートル前後
[釣り座] 左舷トモ2番
[タックル]
竿:リーディングカワハギ・改 MK.III
  吉野屋オリジナル
リール:シマノ・スコーピオンXT 1501-7
道糸:PE0.8号 先糸:フロロ4号50センチ
[仕掛け] カットウ、錘5~10号
[釣果] 26~30cm 11尾(船中釣果 2~11)
*餌:3パック+お裾分け2匹消費


ブログランキングに参加しています。
よくやった! なるほど。このバカやろう!!
などと思っていただけたらクリックをお願いしますです。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 4

fu-goo-log

菖蒲さん、バンザ~イ、つ抜け、おめでとうございます。
フグさんの魚信は結構あったようですから、楽しい釣りが出来ましたね(^^)
漬けにも十分回せるし、食って美味しいフグを堪能して下さい!
by fu-goo-log (2011-07-14 21:37) 

菖蒲

fu-goo-log先輩、ありがとうございます!
フグは漸く上向き傾向かも知れません。
今年は白子を堪能しております(笑)
by 菖蒲 (2011-07-14 22:44) 

りんりんパパ

菖蒲さん、
弁当見てて「およ、行ったんだ」と気づきましたよ。

たくさんグ~フ~釣れて面白かったようだけど高くついちまったようで。チ~ン♪

しかし毎日あっち~ねぇ。
by りんりんパパ (2011-07-15 11:29) 

菖蒲

りんぱぱ、まいど。
そうなの、高いフグ釣りになっちゃった。でも、仕方ないやね〜。
あついあつい。
今日は待ちきれずウナギ弁当にしちゃったよ。
冷たーいビールが飲みたーい。
by 菖蒲 (2011-07-15 13:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。