So-net無料ブログ作成

太刀魚の一夜干し [タチウオ話]

 シンプルに白焼きして、ワサビ醤油で食べる太刀魚も美味い。でもって塩加減が絶妙に仕上がった一夜干しも捨てがたい。

P1000867.jpg
またまたワンパターンなネタで申し訳ないです
 干物作りは塩加減と湿度。塩加減はいつも適当に作った塩水をなめて、あーこんなもんだなあ、何つって漬けてしまうのでいい加減だし、外の湿度や風なんて、都合良くいい条件になる事も少ないので、干物が上手にできた時のヨロコビといったら、もう言葉では言い表せない。

 今回使った塩は、安かったから買ってみたが、いまいちパンチが無いと言う理由で、使われずにいた輸入物の謎の塩。これが不思議と干物に合ったようで、とても優しい、マイルドな仕上がりの干物になった。けっして味気ない訳でなく、なんだかもう兎に角ちょうどいい塩加減。季節も冬。いい具合に冷たい乾燥した風もいい仕事してくれたんだろうなあ、焼く前から美味そうだった。

P1000870.jpg


 なんだか知らないが焼き上がりもキレイにいった。これまたテンションが上がる。太刀魚は縦に身割れするので、ひっくり返す時に身を崩してしまう事があるが、そういう不幸なトラブルに見舞われる事無く、無事に獲物は皿の上へ。

P1000873.jpg


 焼いているとき、脂がじゅわじゅわといい音をさせていたのが、細かい腹骨をカリッと揚げてくれたようで、中骨とひれ側の骨をぺりぺりと捲った後は、面倒な小骨に煩わされる事無く、ただただ幸せを味わえる。

 すぐに食べない分は冷凍して保存出来るのも干物のいいところ。でも、割と早くなくなってしまいそうだなあ。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。