So-net無料ブログ作成

たまには山も良いものね [うろうろ]

週末は天気も良さそうだし、高い所に登ってみたらさぞかし眺めが良かろうと筑波山へ。山でへとへとになってバイクで帰ってくるのはおっかないので、念のため電車で出かけましょうと、北千住から筑波エキスプレスでビューンと直行。
しかし、あっという間。筑波って近くなったんだなあ。例によって家を出たのはゆっくり目の10時ころ。なのに11時15分には筑波に到着。快速だと乗車時間30分ほどで着いてしまうんですね。
筑波駅からはバスで登山口の筑波神社へ40分くらい。途中やかましい暴走族に追い抜かれつつもほぼ時刻どおり到着。

DVC00008.JPG
筑波神社。怪我のない様にお参り。

登山道入り口に合った案内所で、いくつか資料や地図を手に入れてしばし思案。
予想はしていたが、往復歩きは我がへたれきった足腰では無理であると確信し、さっさとケーブルカー乗り場へと移動。90分からかかる登りが8分で済んじゃうなんて素敵。
筑波山は小学生の遠足で来た記憶があるが、あの時は自分で登ったのだろうか。登ったんだろうなあ。
あっという間に男体山山頂へ到着。晴れの日曜日とあって家族連れも多く、思ったよりも賑やか。
空気もひんやり、うぐいすがあちこちでホーホケキョ、気持ちいいねえ。

DVC00010.JPG
がま石。こういう岩があちこちに。

女体山山頂へ20分ほどかけて移動し、遥か下界を眺める。おお、高い高い。本日の目標はこれにて恙無く達成された。が、あまりの混雑ぶりに一息つくまもなく、押し流されるように下山開始。
なんだよもー。とか文句もいいたいが、そんなモンだよね。ま、下りながら時折見える景色のほうがゆっくり見えていいもんですよ。

DVC00011.JPG
気持ちよかった~。ここまでは・・・

なんて余裕も始めの30分。
石、岩ごろごろの山道は、名前のついた奇岩など見つつ、最初のうちこそアスレッチック気分で楽しかったが、だんだんハードに。なめたらいけない筑波山。

DVC00014.JPG
急なのよ

勾配の急な下り道を必死に歩き、ゴールが近づいて来た頃には鳥のさえずりなど耳には入らず、呪文の様にビール、ビールと唱えるのみ。

DVC00017.JPG
ほんと、急なの。

やっとの思いで下山し茶店になだれ込む。膝が笑い出す寸前。何とか持ちましたですよ。
一生懸命歩いた甲斐あって、のどに流した冷えたビールの美味いこと。
それにしても、下りだけでこれだけ疲れるんだから、往復やんなくて良かったわーと思いつつ、次は登りも行ってみようかななんて、思ってみたりする筋肉痛の朝。

タグ:筑波山
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 4

マイティー

菖蒲さん、こんばんは。筑波山は昔はローリング族のメッカでしたね。ところで、回転レストランは、在りましたか?懐かしい感じで嬉しくなるのですが。山歩きでは、筑波山は、お子様コースですよ、泣きを入れてはいけません。
by マイティー (2010-06-07 19:05) 

菖蒲

マイティーさん、こんばんは。
お子様コースですか。いやはや、普段の不摂生、思い知らされました。
下山中も、子供たちは飛んで歩いておりましたが、泣きながら歩く御父兄の姿を多々見かけました(笑)
これを機に少し鍛え直さなくてはいけませんね。
回転レストランはよくわかりませんでしたが、円柱状のレストランはありました。アレがそうだったのかな?展望台のようでしたが。
by 菖蒲 (2010-06-07 20:44) 

りんりんパパ

菖蒲さん、
筑波に住む知り合いがいて、秋葉原まで40分で来れるようになったから転職しました。
すぐ辞めちゃったけどね(笑)
この時期は良いところですが、冬は筑波山から吹く風がめちゃくちゃ冷たいんですよねぇ。

by りんりんパパ (2010-06-08 09:29) 

菖蒲

時間は短縮されたけど片道1000円以上だものねえ。
それはそうと、冬の山の風は冷たそうだなあ。
by 菖蒲 (2010-06-08 22:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。