So-net無料ブログ作成
検索選択

ベタ凪の 大貫沖でマゴチ釣り -その2- [マゴチ話]

 本日(5月27日)は大潮後の中潮2日目。昼の12時35分の干潮を目指して潮はゆるゆると引いて行く。海は実に穏やかである。

DVC00036.jpg

 10時を回ったころ手持ちのキス竿にアタリ。ほんとに今日はいい日だわん。とか思いながら引き込みにあわせて送ったり聞いたり、聞いたり送ったり。なんだか食い込まないぞとゆっくりと竿を立ててみると、クイクイッとアタリが続く。出た、イカさまだ。コチ釣りの定番餌取り。丸か墨かとそろりそろり、リールを巻いているとすかさず船長はタモ入れのスタンバイ。逃がすとまた餌を取りに来るので厄介なのだ。高い餌なので、いくらオイシイ外道とは言えあまりしつこいと困る。イカ退治も必要なのだ。
 イカがエビを放さないようにゆっくり水面まで上げてきたところでタモ入れ。手のひらよりもひと回り大きなスミイカだった。今時期は味が落ちるとも聞くがどうなのだろうか。それはさておきエビ餌をひとつロストしてしまったではないか。餌のサイマキは5尾までは料金に入っているが、なくなったら1尾100円で追加しなくてはならない。実にリッチな釣りなのでイカやフグに餌をかじられてしまうと実に悔しい思いを強いられてしまう。しかもイカなんてエビの腰の辺りにちょっと噛り付いているだけなのに、エビちゃんはもう瀕死の状態。コチ様は生きのいい餌しか召し上がらないため、ぐったりしたエビには見向きもしない。海底で鼻で笑っているのが聞こえてくるようである。
 なんつってると、置いてあったヘチ竿にアタリ。今度は間違いなくマゴチなんでナイカイ。っと、タイミングを取る。次の大きな引き込みでと、鼻の穴を通常の1.5倍に広げてアタリを待っていると、あらら放しちゃった。待ちすぎ、残念。でももう二本上げている私は一応余裕を装っている振りをしながらエビを2尾追加。
 暫く沈黙が続き、うとうとしていた11時30分ころ、船長に「右の竿!」の声に我に返ると、今にも竿を持ってかれそうな引き込み。あわてて手にとるとグイーンと持っていく。もうくわえ込んでいる様なので大合わせ。ガッツリかかった竿のしなりに大型の予感。ナイスファイトであがってきたのは53センチ。いまだ60オーバーには縁がないが、このサイズでもかなりの力で抵抗してくるんだから凄いもんだ。60超えたらどうなっちゃうの?

DVC00045.jpg

 潮がゆるくなって来た昼過ぎ、第二海堡へ移動。

DVC00042.jpg

 本牧のだてまき丸が黄色い船体をゆらりと流しているのが見える。その先にはフグの野毛屋。そうかフグかぁ、なんていってたら、ぴくぴくぴくっと初めて体験するアタリ、コチではないぞと引いて来るとまさにフグ。でかいフグ。水面に餌を浮かべていると何度もかじりによって来る。船長が必死に掬い取ろうとするが後一歩のところでUターン。フグの変なアタリの余韻が残る中、餌の追加を頼むとなんだか無性に腹が立ってきた。

 潮も止まり、アタリもと遠のいてきたので握り飯をぱくついていると、糸がすいーっと沖に走っていく。イカさま再来であります、しかもどうやら他の釣り人たちの餌を順番に取っていっているらしく船長がタモをもってイカのアタリの出た人の所を行ったり来たり。相当デカク賢いらしい。そいつが今度はワタシのエビちゃんを奪いにきた。絶対退治せねばと思ったが、中々浮かない。ついにエビ2尾を犠牲に捕らえたイカは、30センチ以上は余裕でありそうなモンゴウイカ。バケツの底に収まった様はなんだか亀の様である。

DVC00044.jpg

俺のエビを返せと毒づいてもイカが金を払うわけもなく、目を三角にしてさらにエビを追加。しかし、親玉は退治してもザコドモが絶えない。シリヤケイカやらスミイカにフグ。うおお、エビが減るう、エビがあ。
 あまりに餌取りがうるさいのでもうやめようかと3分悩んだが、あと1時間ある。結局、これで最後ねと100円を払って釣り再開。
 すると、天はまだ見放していなかった、着ました午後初の魚のアタリ。コツコツがグイグイに変わり更にグイイッと引き込むセオリー通りのアタリで本日のラスト一本が無事タモに入る。
 よかったよお、止めなくてよかったよお。これで終われるよお、と言うと 「止めちゃうの?」と船長。
 「あ、もう一回やる」とワタシ。はい、100円。

 しかし、あと一本は出ず、15時沖あがり。まあ4本取れましたからね、満足でありますです、ほんと。こんなにつれたのは初めてマゴチに挑戦したときビギナーズラックで4本釣って以来8年ぶり。面白いね、エビマゴチ。お金かかるけどね。結局、エビの追加は15尾くらいしたんではないかしら。


釣行データ
宿:かみや 7:30出船
ポイント:大貫沖 第二海堡
中潮、干潮12:35 満潮5:28 19:40
風向:南東そよそよ

仕掛け
三日月錘15号
ハリス 4号1.5メートル
ススキ針17号 チモトに糸錘
サイマキエビ餌

竿
キス竿 2.1メートル 錘負荷5~15
ヘチ竿 2.4メートル

小型両軸リール 道糸PE0.8号



ブログランキングに参加しています、よろしかったらクリックをお願いしますです。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

タグ:釣り マゴチ
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 4

きゅ

エビマゴチ、面白そうですね。
by きゅ (2009-05-29 23:52) 

菖蒲庵

まだまだ楽しめそうですよ。
是非チャレンジしてみてください。
イカが多い様なので100円玉を大目に用意して行くのを忘れない様にしてください(笑)
by 菖蒲庵 (2009-05-30 11:09) 

ケンケン

はじめまして!
4本ゲット、いいですねぇ^^
私も先々週くらいに行ったんですが玉砕でした。通常ですとこんな時期になるとスミイカは少ないハズなんですけど今年は多いですね。
でも囓られたサイマキ、私はいつも大事に持って帰って活きてるのは刺身、他は塩焼きにして食べてま~す。
なんで100円もしょうがないかぁなんて思ったり^^;
by ケンケン (2009-05-31 14:02) 

菖蒲庵

ケンケンさんはじめまして。
実はいつもブログを拝見させていただいております。(^^)
今回のアタリ具合を見ていると、去年よりもいい感じに思えたりして。もう一回くらい遊ばせてもらいたなあと言った所です。
かじられたサイマキ、塩焼きですか! これは考えもしなかったなあ。今度は大事に持って帰って来なきゃ(笑)
by 菖蒲庵 (2009-05-31 20:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。