So-net無料ブログ作成

顔面火ぶくれイカタコ祭り [マルイカ話]

 仕事がひと段落したところで、梅雨とは思えない好天が続く6月半ば、鴨居は一郎丸にマルイカ狙いで出かけてみました。実はイカ釣りなるジャンルは初体験。釣り方も解らなければ仕掛けもない。特にイカ釣りは疑似餌鈎を使うのでそれをそろえる必要があった。しかし、このスッテと呼ばれる疑似餌鈎がカラフル、いろんなパターンが売られていて何を買えばいいのか解らない。シーズンまっただ中ということで、既製品の仕掛けも品薄。仕方なく適当に選んで帰宅後仕掛けの制作。全長6メートルもある仕掛けなんて初めて作るもんだから、足下で糸が絡まらない様にするのに一苦労。雑誌を参考に自作した仕掛けを道具入れに詰めていざイカ釣りへ。宿に着くと当然ながら仕掛けも売っていて、しかも宿のオリジナル。初心者にはこれがいいですよと、ブランコ式の仕掛けを勧められ結局購入。この仕掛けで釣ってみる事に。
 始まってみると何をやってもさっぱり釣れない。雑誌でインプットして来た情報は全て試してみたが、静かに時間だけが流れて行く。疲れてきて、竿を横に置こうとした瞬間ズシっとイカが乗った。なんとも味気ないアタリで漸く1杯目。スタートから2時間経った時の事であります。その後アタリはあるものの、ちっとも鈎にかからず、12時前に終了。
 悔しいもんだから船長に教えを乞い、午後の船にもトライ。ここで船長に教わったのは枝スが極端に短い直結ブランコ、略して直ブラ仕掛け(もうちっと気の効いたネーミングは無いのかね)でのタタキ釣り。アタリが出るのはイカがスッテを離す時、イカがスッテを抱いた時に竿先に出るモタレで合わせなくては釣れないとのこと。最近のものの本ではタタキ最後の手段的に静かな釣りを紹介していたのに、ここではいきなりタタケと言う。今日迄必死にイメトレを重ねて来たワタシのイカ釣りメソッドはもろくも崩れ去り、午後はタタキっぱなしのユスリっぱなし。皮剥釣りどころではない重労働釣法。しかし、そのかいあって午後はなんとか8杯を釣る事が出来たわけだが、午後のトップは22杯だったそうだ。難しいもんです、修行せにゃ。

 帰りがけに駐車していたバイクの脇で、タコ売りのオバちゃんから型の良いタコをお土産に購入、家に帰ってみるとイカもタコもまだ生きており、新鮮な刺身に舌鼓。
 今回、意図した訳ではないのだが、午前中は東側、午後は西側になる座に入ってしまい、一日日差し浴びっぱなしで、顔がパンパンに赤くふくれてしまってヒリヒリ。一日明けた本日はすっかり梅雨空が戻って来ており、次の晴れ間には再びマルイカに挑戦したいものだと雨雲にぼやいてみたりして。

にほんブログ村 釣りブログへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。