So-net無料ブログ作成
検索選択

照り鯒 〜羽田 かみや [マゴチ話]


 太陽ぎらつく真夏が旬なので、今時期の真鯒を照り鯒(てりごち)と呼ぶんですな。春先は一本釣るのに必死になるこの魚、ただいま産卵のため浅場に乗り込んで来て荒食いをするのでよく当たる。でも針に掛けるのが難しいのはいつでも同じ。
 出がけにメッシュの降水図をチェックしたら、なんと本日のポイントである多摩川河口付近に豪雨を意味する真っ赤なサイン。まいったなあ、止むかなあと暫く待っていると少しずつ沖へと抜けて行ってる様子を確認。外はどんよりとした曇り空。ぼちぼちとバイクに道具を積み込み羽田へ出発。
 今日の船宿も羽田のかみや。梅雨入り前にも真鯒釣りに来た宿だ。7時ちょっと前に到着、先客が3名。受付をすませて船着き場に行き、空いていた左舷の艫に釣り座を構える。7時30分出発。ポイントはすぐそばと聞いていたが本当に河口のすぐ先。10分くらい川を下って、羽田の飛行場を眺めながら竿を出す。餌は多摩川で獲れた鯊。10センチくらいのを選んで上あごに針を通す。因にタックルは15号2.1メートルの鱚竿に小型の両軸リール、道糸PE1.5号、15号鋳込み天秤にフロロ4号のハリス1.2メートル、針は丸せいご16号。水深が浅いからもっと軽い錘でも良いのかもしれない。
 ひと流し目、一度アタリがあったがすぐに静かになってしまった。誰も何もないまま筋替え。8時30分頃、漸く真鯒らしいアタリ。じわじわと竿先を絞め込む独特のアタリにタイミングを探る。メゴチ餌の時のようになかなか大きく引き込まない。それとも浅い(3メートル)から感覚が違うだけなのか。それでも微妙に強く引き込んだ様な気がしたので大きく合わせてみるとがつんとかかった。45センチのいい真鯒がタモにおさまる。船縁に下ろした瞬間針が外れてヒヤリ。
 その後も頻繁にアタルものの、なかなか食い込まない状態が続き、漸くあがったのが25センチくらいのチビ鯒。口に餌が入りきらない様な小さい魚が沢山いる様で、こいつ等がつつくだけで針掛かりしなかった犯人だった。大きくなれよとチビ鯒をリリースして再び糸を垂れる。

 ゆっくり聞き上げ、そっと竿を下げ、底をとり、ハリス分仕掛けを上げて待つ。さほど深さは変わらないが頻繁に棚を取り直す事が誘いにもなる様で、棚をとった直後にアタリが出る事が多い。同じように棚を取り直し、お茶でも飲もうと竿を横に置いた瞬間竿先に当たり。チビ鯒がつつく様な小刻みな引き込みではなく、重たく、大きく、間隔を空けてグイッ、グイーといった引きこみ。明確にでた本アタリに思い切り竿を立てるとものすごい引き。水深3メートルはあっという間に巻けてしまうが、この重たい引きは実に印象的だ。ゆらりと海面に姿を見せた真鯒は、今まで自分が釣ったどの魚よりも大きく堂々としていた。がっちりと上あごに食い来んだ針を外して船縁に置いた魚を船長が計ると58センチだった。

 その後もアタリは断続的にあり、2度程合わせ損ないのすっぽ抜けをやらかし、最後に35センチを追加してタイムオーバー。半日釣りなので12時上がりなのだが、5月の鯒釣りからは想像できないくらいのアタリの数にとても楽しい釣りになった。照り鯒、病み付きになりそう。

 地元に戻っていつもの飲み屋で一杯。身の沢山詰まっているカマと頭を焼いてもらい日本酒でやりました。うめえ!

にほんブログ村 釣りブログへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。