So-net無料ブログ作成

夏の大鯵 [アジ話]

 免停中なもんですから本日電車にて久里浜へ。先日届いたくるりのベストに入っていた、赤い電車を口ずさみつつ、京急に揺られて行って来ました巳の助丸。たまには電車も良いもんですな。して、普段は皮剥釣りで利用している巳の助丸でありますが、今回は浅くしめただけのぷりぷりの鯖が食いたくなり、鯵舟に乗り合いであります。本来なら鯖が外道な訳ですが、ワタシに限って今日は鯵が外道なのであります。
 ところでワタシ、ライトタックルの鯵は去年体験してますが、本格的なビシ鯵釣りは初めて。宿で借りた150号なんつう重たい錘にびびりつつ、イカの短冊は切って使うだの、大きさは小豆くらいだのと船長に教えてもらい、常連さんにコツを聞き、いったいホントに釣れるのかしらと少々弱気な朝だったりするのでした。
 ポイントは久里浜沖と言う事で20分くらい走った辺りで開始の合図。船長の指示棚は海底から3メートル。流れが早いから必ず棚を取り直しながら釣るようにとの事。コマセを詰めたビシを恐る恐る海面に下ろしてみると、なるほど潮の流れが速い。150号の錘が後ろにすっ飛んで行く。水深は50メートル程と比較的浅いが、この潮の速さではこのくらいの錘が必要なのね。棚を取り直してみるとだんだん真下に仕掛けが戻って来たのでそこからコマセを撒きつつ3メートルの位置で待つ。2度3度棚を取り直したら仕掛け回収、コマセを詰め直して再度投入。が、何度やってもあたりさっぱり。周りも同じ様な状態。昨日の情報ではトップで8尾と悲しい状況だったが、ひょっとして今日も・・。とか考えるのはやめて、サバサバと念じながらコマセを撒く。しかし結果は変わらず。
 数十分で見切りを付けた船長、ポイントを少し移動。さらに沖に出たのかしら、10分ほどで再開の合図。先ほどと同様に仕掛けを下ろし棚を取り直してみるとさっきよりもさらに潮が速い。これは手こずりそうだなあと、潮の速い分棚を少し下げ目に狙うとクイクイっとアタリ。軽く竿を立ててみると掛かった模様。で、これが良い引きなんですわ。最初のポイントよりも更に浅いせいもあるのか魚が元気なのか、最初の一匹なので大事に手で巻いて来ると40センチちかい大鯵が飛び出して来た。これは凄い。こんなデカ鯵は初めて見ました。その後2、3尾ばらしてしまったものの、5尾位釣り上げられた。しかし、鯖がでない。やはり鯵よりは数がいないのか。とか思っていると、おまちどおさまでしたと明らかに鯖のアタリ。小刻みにピクピクいいながらいい引きを見せてくれている。これまた40センチくらいの丸々とした鯖であった。
 その後はますます潮が速くなってきて、ますます釣りづらくなってしまったものの、棚が合えば何尾か追加できる様な状態。実に技術の必要な展開になってしまったが、いい時には一苛もあり、十分お土産になった。本命の鯖も3本釣れた。ばっちり血抜きしてワタも出してあるから美味しいシメサバが味わえそうである。
 再び電車に揺られつつ、うたた寝してるうちに到着。近所の居酒屋へクーラーごと獲物を預けてから帰宅。道具を片付け、シャワーを浴びてさっぱりしてから店に行けば、シメサバとご対面という寸法である。持つべきものは食いしん坊の居酒屋のオヤジであるなあ。

ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER (初回限定盤)

ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER (初回限定盤)

  • アーティスト: くるり
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2006/07/26
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。